歯の欠損や詰め物・被せ物の治療

当院の詰め物・被せ物の治療

詰め物(インレー)

当院では、セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜた素材「ハイブリッドセラミック」の詰め物をおすすめしております。見た目が自然できれいに仕上がるだけでなく、安全性も高い素材です。

術前

術後

ハイブリッドセラミック 見た目が自然で、周りの歯の色と合わせられるほか、硬さが本物の歯に近いため噛み合う歯を痛めません。また、金属を使用しないため金属アレルギーの心配もありません。
被せ物(クラウン)
ジルコニア 「白い金属」とも呼ばれ、強度と審美性の高さが特徴のセラミックを使用した被せ物です。見た目が本物の歯とほとんど変わらないほか、割れにくいため奥歯などにも使用でき、金属アレルギーの心配もありません。
オールセラミック すべてセラミックで作られた被せ物です。本物の歯と同様の色や光の透過性があるほか、ほとんど変色しないのが特徴です。汚れもつきにくく、金属アレルギーを引き起こすこともありません。
硬質レジンジャケット冠 全体を硬質レジンという歯科用プラスチックで作った被せ物(硬質レジンジャケット冠)です。全体的に白い被せ物になります。セラミック素材より見た目や強度は劣りますが、部位により保険が適用になります。

よりきれいな見た目を作るために

人工歯には、歯の土台となる「コア」が必要です。一般的には金属製のメタルコアが使用されますが、当院では歯科用プラスチックを用いたレジンコアをおすすめしております。

  • ページの先頭へ戻る